目元の悩みで一番多いのは、やっぱりクマだった

眼精疲労は、現在PCやスマホで目に負担のかかることが多くなり避けては通れない道だと思いますが、軽減することが出来ると思います。

明るい画面を凝視し続けると体が硬くなり緊張状態になります。

そのため、眼精疲労から肩こりになってしまいます。だからこそストレッチによる緊張をほぐし、時々PCやスマホから視線を外して別の場所を見ながら周りの景色を見渡すなどを行うと症状が緩和されます。

近頃スマホを触る機会が増え、長時間ゲームなどをしていると目が疲れてきます。
この症状が眼精疲労だということを始めて知りました。
症状が悪くなれば、肩こりや頭痛を引き起こす要因だそうです。目がかゆくなった時の対処として、対策方法として自分はツボを押すようにしています。
ツボは清明という場所で、目頭の近くのくぼんだ所ですが、これが一番効果があり目のショボショボがすっきりします。

現在ではドラッグストアはネット通販でコンタクトが簡単に購入できる時代です。
その為間違った使用方法で目の病気になってしまう人たちが増えていますね。
パソコンやスマートフォンを使用する作業を長時間行い眼精疲労やドライアイの方も急に増えてきました。
近くばかりを見つめてしまうことで、目の筋肉がこわばり、近眼の原因にもなります。

。1時間に10分くらいは目に休憩を与え、目をストレッチして、血流を良くすると軽減されますよ!可能ならホットタオルを目に当てるのも効果が高いです。目を使い過ぎている時代の現代は、パソコンやスマホなどの液晶画面から出ているブルーライトは目の健康に対して非常に悪影響を与えています。しかし、日々の生活にとって現代はこれらは必要不可欠な物です。
では目の健康の為には何をすればよいのでしょうか。
まず悪影響を及ぼすものから目を守る事です。
ブルーライト軽減メガネというもので対策できます。

また、疲れてしまった目を休ませることも大切です。
身近なものではホットタオルで目を温めて血行を良くしてやることです。眼精疲労の主な原因となるのは、PCやスマホ等のLEDディスプレイから出るブルーライトというものです。
スマートフォンの利用者拡大に伴って、若年層からも眼精疲労になってしまうことが増えているそうです。早く治したい!というのでれば、パソコンやスマホの画面に貼るブルーライトカットフィルター」と「PCメガネ」を使用が効果的です。
以前から私は眼精疲労に悩んでましたが「ブルーライトカットフィルター」と「PCメガネ」のおかげで、症状が緩和しました。
皆さんも一度、試してみてはいかがでしょうか?視力低下の原因の一つに遺伝性のものがあると聞いたことがあります。

私も両親ともに近眼であり、中学の頃から次第に視力低下が始まり、現在は視力検査のときはカードを使って測定しています。
視力0.以下の世界なのです。これ以上の視力の悪化をふせぐ為に、休憩時には遠くの景色を見たり、ホットマスクで目の疲れを癒し、目の筋肉をほぐすようにしています。
改善まではいきませんが目の疲れが取れやすくなったように思います。眼精疲労の回復には、少しの間だけでいいので、一旦眼を完全に休ませる事です。
パソコンを見るのを止めて、まぶたを閉じて約3分ゆっくりとした時間を過ごします。

時々、両手を使いやさしく眼球をマッサージするのも心地良いものです。この様な眼球の休憩時間を、1時間毎のペースで挟むだけで、大きな効果があり眼精疲労を抑える事が出来ます。
ひどい眼精疲労にはハンカチやタオルを水でしぼって、まぶたに被せるように乗せると効果があります。
目をぐるぐる動かすだけでも疲れが取れていきます。

私の職業はトラックドライバーですが、明らかに20代の時の目の見え方と今では全然違います。

20代の時は遠くの看板でも見えていましたが、今では遠くの看板はぼんやりとしてそれなりに近づかないと見えなくなりました。
その為、運転中は目が疲弊します。
対策としてやっていることは、休憩時間や荷物待ちの時間などを利用して【温かくなるアイマスク】を使用しています。これが疲労した目には効果があり、気持ちよくなります。眼精疲労には、肩こりや頭痛、吐き気など重い症状から、軽症な疲れ目、ぼやけ、かすみなどありますがドライアイを除くと、首や肩の血行不良とか、重い頭部を支えている筋肉が緊張して起こります。

特に、肩甲骨周辺が緊張すると頭痛にもつながるので、肩甲骨の周りのストレッチが重要です。肩甲骨を回して、凝り固まった首周りの筋肉の血流を良くしましょう。
生活の改善にもつながります。

目が見えなくなるということはもっとも嫌なことですが、知人の中に白内障にかかった人がいますし、私自身もはさみで目を傷つけて、しばらく眼帯をつけた経験があります。
そのような状態を防ぐには、日頃から注意しなければいけません。
目を傷つけるようなものの安全で確実な置き方をする目が疲労しないように息抜きをすることもいいですね。